田宮二郎の息子柴田光太郎が自殺の原因や遺書を明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

8月29日夜8時からBS11で放送される「あのスターにもう一度逢いたい」に田宮次郎さんの長男柴田光太郎さんが出演し、父田宮二郎氏さんの猟銃自殺についてその衝撃の真相を語りました。

田宮二郎さんは、現在60歳代以上の方は知らない人がいないほどの大スターでしたが、今回光太郎さんから語られた真実も含め、経歴や自殺の真相について調べてみました。

詐欺や借金、病気など、自殺の原因も明らかに!

 

田宮二郎さんのプロフィール

生年月日: 1935年8月25日
生まれ: 大阪府 北区
死亡: 1978年12月28日, 東京都 東京 港区
配偶者: 藤 由紀子 (1965年 – 1978年)
子供: 柴田光太郎 田宮 五郎
映画: 白い巨塔、 黒の試走車、 女経、 不毛地帯
テレビ:クイズタイムショック(司会)

 

1970年代に当時子供から大人まで観ていたクイズ番組『クイズタイムショック』の初代司会者として、田宮二郎さんがブラウン管に登場した時はそのスマートさに、「外国人みたいなひとやなぁ」とこどもごころに思ったことを覚えていますね。

その後、レンタルビデオなんてない頃でしたので、テレビでけっこうちょくちょく放送していた映画『悪名シリーズ』で若き日の田宮二郎を観て「なんや、このひと、大阪弁ばりばりやん。」とその役者ぶりに関心しました。

今から思えば関西出身だったんですね(笑)

このとき「悪名シリーズ」で田宮さんが演じた『清次』は後にひょうきん族で明石家さんまさんがネタにしていましたね。

テレビドラマでは、何と言っても『白い巨塔』が代表作になるのですが、最終回の放送を待たずに自ら命を絶つという誰も想像しえなかった悲劇がおこりました。

 


スポンサーリンク

 

自殺の原因はなんだったんでしょうか

自殺当時は、M資金(戦後実しやかに囁かれた日本軍の隠匿資産)をはじめ、内外の怪しげな詐欺話に、莫大な投資や借金をしてしまったから

 

自殺当時はM資金(進駐軍の裏金)詐欺にあったと伝えられました。
また、躁鬱病で発作的に自殺たのではとも言われていました。

しかし、光太郎さんによると

「実際は大学時代の先輩に海外の漁業権とか、石油の採掘権話にのってお金を取られていったのです。元気で海外に出かけ、口も利かずに帰ってくる。そのころから躁鬱病になっていきました」

 さらに30歳代半ばから薄毛に悩んでいた田宮さんは

「密かに英国で植毛手術を受けたのですが失敗。すさまじい片頭痛と皮膚の変形で苦しんでいました」

そしてもう一つの悩みが大女優との不倫関係。これらのことが重なりうつ状態がひどくり悲劇が起こってしまったようです。

 

田宮二郎白い巨塔

 

まとめ

田宮さんは発作的な自殺ではなかったようです。
それは、奥さんや弁護士、先輩の女優奈良岡朋子さんらに宛てた8通の遺書を残しているからも伺えます。
 
そこには奥さんや子供たちに対する深い愛情と、先に逝くことを詫びる内容だったといいます。

田宮さんの代表作『白い巨塔』を唐沢寿明さん主演でリメイクされたときに田宮さんを知られた若い方も多いのではないでしょうか。
そんな方には『悪名シリーズ』も是非観てほしいですね。主演の勝新太郎さんといい、ほんものの役者に出会えること間違いなしです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る