横田慎太郎頭痛の原因は脳腫瘍だった 2017年最新情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
横田慎太郎

今年2月の1軍の沖縄キャンプ中に原因不明の頭痛で離脱していた阪神タイガースの横田慎太郎外野手が、復帰するというニュースが飛び込んできました。

離脱後も球団からの詳細な発表がなかったため、さまざまな噂も飛び交いファンならずとも心配する声が上がっていました。
横田選手に何が起こっていたんでしょうか。

 

横田慎太郎選手のざっくりプロフィール

 

名前:横田慎太郎(よこた しんたろう)
生年月日:1995年6月9日
出身:鹿児島県日置市
高校:鹿児島実業高等学校
2013年 ドラフト2位指名で阪神タイガース入団
2016年 金本監督就任1年目に自身初の開幕スタメンに名を連ねる

高校は名門の鹿児島実業高等学校で残念ながら甲子園出場はなかったものの1年生から4番を任されていました。

ちなみに、横田慎太郎選手のお父さん横田真之さも、元プロ野球選手のさんでしたね。
ロッテにドラフト4位指名を受けて入団、俊足巧打の外野手として
活躍しました。

昨年は、開幕スタメンにも選ばれ春先は活躍もしていましたが、その後打撃不振で失速したこともあり、今年にかける意気込みは相当なものがあったはずです。

その矢先の、原因不明による離脱でした。

 


スポンサーリンク

 

原因不明の頭痛の原因は脳腫瘍だった

今年の2月11日に、沖縄・宜野座キャンプを一時離脱することになったことと、理由は数日間、頭痛が治まらず検査を受けるための帰阪することが発表されました。

その後は、検査結果など一切の情報が球団からは発表されていませんでした。

そのため、ネット上では離脱や頭痛の原因について、さまざまな憶測が飛び交いましたが、今回阪神球団と横田選手本人からから復帰することと病名も明らかにされました。

 

 

横田選手は、約半年にわたる脳腫瘍の治療を経て寛解(症状が消えて安定した状態になること)と診断され、練習に復帰できるまでに回復したということです。

 

原因不明の頭痛の原因は脳腫瘍だったのですね。
球団もいろいろなことを配慮し、今まで詳細を伏せていたということでしょうね。

 

横田選手本人も兵庫・西宮市の鳴尾浜で取材に応じています。

「このたびは脳腫瘍という病気を患い、みなさまに大変ご心配とご迷惑をおかけしました。数か月にわたる苦しい治療を乗り越えて復帰できるまでに回復したことを、本当にうれしく思っています。少しずつ力をつけ、必ず復活して、甲子園で走り回る姿をみせたいと思いますので、これからもご声援よろしくお願いいたします」と元気な声で語った。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

 

まとめ

まずは、復帰本当におめでとうございます。
選手生命どころか命も危ぶまれる病気を患った横田選手にとって、この半年間の試練がいかに厳しいものであったかは、想像を絶するものがあったのではないでしょうか。
22歳とまだまだこれからの選手ですので、どうか焦らずじっくり鍛えなおして、1軍の主力として活躍できる選手になってほしいでね。
応援しています!!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る