ドラマ日本沈没が小栗旬主演決定でも不評なのはなぜ?

エンタメ

社会現象と言ってもいいほどのドラマ日曜劇場『半沢直樹』の放送が終了しましたね。まだまだ世間は半沢ロスの話題で盛り上がっている時期ですが、はやくも来秋の日曜劇場枠のドラマが決定したしたと報道されました。小栗旬さん主演の日本沈没であの香川照之さんもキャスティングされているのですが。

スポンサーリンク

早くも来秋の日曜劇場ドラマは日本沈没で決定

ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の最終回は、平均視聴率32.7%(関東地区)と異例の数字を叩き出し幕を閉じた。これは2000年以降の「日曜劇場」枠で歴代4位の快挙だ。そんな中、来秋の「日曜劇場」枠に早くも大作が決まったという。
(中略)
主演は小栗旬さん(37才)で、共演者には杏さん(34才)や香川照之さん(54才)など錚々たるキャストが名を連ねています。
引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/e42749b5850061ea1525b9f62fcb4536602c7df9

yahooニュースで来秋の日曜劇場が『日本沈没』に決定した報道されましたね。

『日本沈没』といえば小松左京氏(享年80)の代表作で1973年に発表された本格的SF小説ですね。
発売初年だけで380万部以上、上下巻合わせて累計460万部に達する空前の大ベストセラーとなりました。

その後、何回も映画化やドラマ化されているので世代を問わず知られている作品です。

「急激な地殻変動によって日本列島が沈没するまでを、科学者や政治家の視点で描いたストーリーです。高度経済成長後のオイルショックで混乱する社会で大ヒットし、を売り上げた大ベストセラーです」(映画関係者)

小説が発表された1973年には小林桂樹、丹波哲郎、藤岡弘、いしだあゆみなど豪華キャストで映画かされ大ヒット、また翌年には、村野武範、由美かおる主演で連続ドラマもヒットしています。

2006年には草なぎ剛、柴咲コウら豪華キャスト陣で20億円の製作費をかけ興行収入53億円突破の大ヒットを飛ばしています。
つい最近のように感じていましたが、もう15年以上たつんですね。

小栗旬主演なのにドラマ化が不評な理由

そんな『日本沈没』の久々のドラマ化、しかも主演が小栗旬さんと発表されてのですが、世間の評判はあまりよくないとうのです。
まだ、放送も始まっていないのに(ってか撮影も始まっていない笑)のになぜ不評なんでしょうか。

やはり、今の『時代』が理由のようです。もともと発表された1970年代は日本が高度成長期でその後もバブル期など、日本に活気があった時代で大きな災害もどこか他人事のように感じる部分とSFとして楽しめる部分があったんですよね。

しかし、現在は毎年のように起こる災害や、コロナ禍で全く日本の状況も日本人のこころの状態も当時とは違っているんですね。

ネットの反応

ネットの反応をみても残念ながらほとんどの方が、今放映することに否定的なようですね。

小栗旬さん大好きで出てるドラマは見たいのにこれは見たいとは思わない。九州豪雨の経験者ですが、ドラマでまでそのような災害を彷彿させるようなものを見たくない。

 

地震やコロナなど気持ちが塞いでしまう人も多い時代だから「日本沈没」は余計不安になってしまい、情緒不安定になる人もいるかもしれない。

 

『今』やる必要があるのか?果てしなく疑問。
被災したり近しい人を亡くした人の気持ちを考えると、ちょっといたたまれない。

 

また、SF作品としてちょっとどうなの?って声もありますね。

 

昨今安価でCGを利用できるようになったとはいえ、果たしてTVドラマの予算で大画面に耐えうるCGを大規模に扱えるのか。

 

まとめ

ドラマ制作サイドの方は、「まだ撮影も始まっていないのに評価しないでよ」って話でしょうが、キャストや作品うんぬんというより『時期』が不評を買っているようですね。
放送までにまだ1年ありますので、それまでに少しでも世の中が明るい方向に向いていることを期待しましょう。