TikTokの危険性の真偽、中国のスパイアプリって本当?

ガジェット

TikTokは、全世界で数億人がダウンロードしている中国製アプリですが、アメリカでは、連邦政府職員が政府から支給された端末にTikTokをインストールすることを禁止する法案が可決されているんですね。
また、大阪府では吉村洋文知事がTikTokの府公式アカウントを「安全保障上の課題があるかないかが明らかになるまでは、凍結することにした」として一時休止すると発表しています。
なんだか、ちょっと怖くなってきましたが、一般ユーザーはどこまで注意すればいいんでしょうね。

スポンサーリンク

TikTokの危険性って何なの?

まずは、そもそもtictokの危険性についての確かな情報ってあるの?ってことになるのですが。

アメリカの国務長官のポンペイオさんは「TikTokユーザーの個人データが中国共産党の手に渡っている」と述べています。
まぁ、この方は中国共産党を「悪の帝国」と名指しする人ですから、少々過激な発言かもしれません。

しかし、世界最大のセキュリティで保護された電子メールサービスといわれている「ProtonMail」のセキュリティ専門家もtictokの危険性を指摘しています。
ざっくりいうと次の3つでヤバいということだそうです。

・TikTokは、熱心にユーザーの個人データを収集している。
・同社は中国のインフラを活用し、親会社のバイトダンス社は中国共産党に近い。
・中国政府が大規模な監視とデータ収集を行う上で、TikTokは理想的なツールとなっている。

「熱心にユーザーの個人データを収集している」っていうのは、どこまでの情報かもよるんでしょうけど、「中国政府が大規模な監視とデータ収集を行う上で、TikTokは理想的なツール」は、正直ちょっと気持ち悪い感じはありますね。

中国は本当にスパイアプリを作ってる?

中国は本当スパイアプリを作っているんでしょうか。

もちろんTikTokは「ユーザーのプライバシーを保護し、安全なアプリ体験を提供することを最優先に取り組んでいる。」と反論していますが。

最近ではTikTok以外にもチャットアプリのWechatやTPSゲーム「荒野行動」なども危険では?と言われていますね。
なんとインドでは、59個の中国製アプリを使用禁止にしました。
禁止されたアプリは、TikTokをはじめ、モバイルブラウザのUCブラウザ、検索エンジンの百度(バイドゥ)、中国版ツイッターの新浪微博(シンランウェイボー)など日本でも耳にするものも含まれていますね。

ネットの反応

ネットの反応をし調べてみました。

とりあえず、国や自治体はやめてほしいかな。

成田くんイメージダウンしない?^^;

【結論】使うべきかやめるべきか

中国製アプリは以前から日本語変換ソフトのsimejiなど、「スパイアプリ疑惑」の噂が耐えないですね。simejiは今も結構使われているようですが。。
まぁ、アメリカやインドの主張は、国の経済政策とも大いに関係があるとは言え、今の状況では好きこのんで、わざわざ疑惑のアプリを利用する必要もないと思いますね。
とりあえず、個人情報を扱う国や自治体はストップしてください!